大森の薬局 / Pharmacy in Omori

既に競合する薬局が居並ぶ通りに、新しく出店する調剤薬局のインテリアデザインです。単にインテリアだけを考えるのではなく、他とは一線を画すファサードデザインも求められました。

「ガラスの間仕切り」と「3連のボールト天井」という主に2つの要素によって、この空間は構成されています。薬局の中央にあるガラスの間仕切りは、この薬局を大きく前後2つに、つまり接客ゾーンと調剤ゾーンに分割しています。

そして3連のボールト天井は、受付と患者のための待合スペースを緩やかに分節しています。ボールト天井による囲まれ感によって、患者の皆さんは居心地良く、リラックスした雰囲気を感じることができます。

この3連のボールトの形は外からも認識することができ、同じ通りに面する他の調剤薬局と差別化を図っています。

This dispensing pharmacy is facing a street on which some competing pharmacies are located. So it was also requested to create a distinguished facade rather than its interior design.
Mainly two elements, glass partition and three-vaulted ceiling, form the space. The glass partition in the middle of the pharmacy separates it into two parts, front and back, customers zone and dispensing zone. And the three-vaulted shape gently indicates reception and waiting space for patients. Covered with the vaulted ceiling, patients can feel cosy and relaxed atmosphere.
The three-vaulted shape can be recognized from outside and the design differentiate the pharmacy from others on the street.

Tokyo, Japan [2014]
照明デザイン:LIGHTDESIGN

Photo: Takumi Ota


大森の薬局 / Pharmacy in Omori 大森の薬局 / Pharmacy in Omori 大森の薬局 / Pharmacy in Omori 大森の薬局 / Pharmacy in Omori 大森の薬局 / Pharmacy in Omori 大森の薬局 / Pharmacy in Omori 大森の薬局 / Pharmacy in Omori
loading..