PROCESS

設計監理業務フロー

住宅規模での設計の進め方です。ご依頼を受けてから竣工までの一般的な流れをご説明いたします。
具体的には、個々のプロジェクトに応じて個別にご相談させて頂きます。

0. ご相談

無償にてご相談を承ります。ご要望をヒアリングし、今後の進め方についてアドバイスを差し上げます。
敷地が定まっている場合は、その図面をお見せいただければと思います。土地探しからご一緒することも可能ですので、お気軽にご相談ください。

1. 設計契約

設計を進めさせていただく場合は、設計監理契約を結びます。
基本設計に進み、本格的な検討を始めます。

2 基本設計

契約から最初のご提案まで1ヶ月程度検討期間をいただきます。模型と図面を用いてご提案します。
最初のご提案後は2~3週間に一度打合せ重ね、基本的な図面(平面・立面・断面)を完成します。
いわゆる間取りはこの時点で確定となります。
期間は2~3ヶ月程度です。

3. 実施設計

実施設計では、基本設計をベースに見積や工事に必要な詳細情報を盛り込んだ図面を作成していきます。引き続き、2~3週間に一度程度打ち合せをおこない、仕上や細かな仕様を決定します。
期間は2~3ヶ月程度です。
実施設計図面作成後、施工業者に見積を依頼します。3社程度に見積を依頼することが一般的です。
提出された見積を査定・調整し、施工業者を決定します。
期間は1~2ヶ月程度です。
工事金額確定後、確認申請用図面、構造計算書などを作成し、申請を行います。
期間は2ヶ月程度です。

4. 工事期間

施工業者と工事契約を締結し、着工します。
1ヶ月に1回、施主・設計者・施工者による定例会議により工事内容を確認します。
1週間~10日に1度程度現場に出向き工事監理をおこないます。

5. 竣工/お引渡し

審査機関の完了検査、設計、施主などの竣工検査をおこないます。
竣工検査の内容によっては、手直し工事が入ります。
その後、最終工事費を精算し、建物引き渡しとなります。

loading..